top of page

70代になったらやってみよう!費用をかけない相続対策その②~定期預金の解約~




相続 認知症 ATM 定期預金 解約


その➀でご紹介した代理人カード(家族カード)を作っていたとしても、「代理人」が口座の解約までできるわけではありません。


つまり、預貯金の大部分が定期預金の場合は、施設の入所費用や他に必要に迫られたとしても、その預貯金が使えなくなるおそれがあります。


預貯金の認知症対策という視点では、定期預金は元気なうちに解約し、普通預金にしておくと安心です。


北海道・札幌・琴似で相続・家族信託のご相談なら法務テーラー司法書士事務所まで🦉



〒063-0804

北海道札幌市西区二十四軒四条五丁目1-8

🚉地下鉄琴似駅から徒歩5分🚉


~無料相談実施中~


-- 関連記事 --


Comments


bottom of page